【男性目線】振られた理由がわからないときに彼の本心を知る方法【復縁に必要不可欠】

振られた理由がわからず悩んでいる女性の画像

「彼に振られた理由がわからない」

「理由を聞いても教えてもらえず困っている」

といった悩みを抱えてはいませんか。振られた理由がわかれば改善することができますが、理由がわからないと動きづらいですよね。
彼と復縁したいと思っても、振られた理由がわからないとどうアプローチすればいいのかわからず、途方に暮れてしまいます。

実は男性は、別れるときにハッキリと理由を言わないことが多いんです。

仮に言ったとしても、その場しのぎと言いますか、適当にそれっぽいことを言って別れようとするんですね。
さっさと別れたいと思っているので、きちんと別れる理由を言ってくれません。

普通に聞いてもうまくいかないことが多く、モヤモヤしたまま別れることになってしまいます。
彼ともう二度と会わないなら問題ないでしょうが、気持ちを切り替えるために理由を教えて欲しいという人や、彼と復縁したいという人は困ってしまうことでしょう。

どうにかして彼の本心を聞き出したいという方のために今回は、振られた理由がわからないときに彼の本心を知る方法を解説します。
なかなか難しいことではありますが、彼の本心を知って今後自分がやるべきことを見つけ出しましょう。

彼が別れの理由を言わないワケ

そもそも男性が別れの理由を言わないのはどうしてでしょうか。恋人との別れなのだから、誠意として別れの理由は言うべきだと思う人もいるでしょう。
そんな方にとっては、彼が本音を言わないのは信じられないと感じるでしょうね。

しかしながら、彼にも事情があります。彼も理由を言った方がいいのは一応わかっているのです。
しかし、様々な心理から、理由を言わずに別れようとします。彼が別れの理由を言わないのは、主に4つのパターンがあります。

  • これ以上泣かれたくないから
  • あっさり別れたいから
  • 罪悪感があるから
  • 何と言っていいかわからないから

一つずつ解説していきますので、彼がどのパターンに近いか考えつつ読んでみてください。

これ以上泣かれたくないから

誰だって恋人と別れることはつらいものです。彼もあなたがつらい気持ちになることをよく理解しています。
だからこそ、別れる理由をハッキリと言わないことがあるのです。

もしも彼に別れたいと言われたときに「一緒にいても楽しくないから」とズバッと言われたらどうでしょうか?すごくつらい気持ちになりませんか?「私は楽しかったのに…」「そんなにつまらなかったの?」などと考えてしまうでしょうし、泣きたくもなるでしょう。

つまり彼は、あなたがこれ以上傷つき泣いてしまうのを避けたいと思って、別れる理由をハッキリと言わないわけです。
さすがにかわいそうに思うとか、もっと泣かれて面倒臭いことになるのを避けたいといった心理があります。

彼は自分が好かれていることをわかっています。振るとあなたが悲しむのも理解しています。

そんな状態で本音を言ってしまったら、あなたが立ち直れないくらい傷つくのではないかと、彼は心配しているのです。
それなら曖昧にして別れた方がまだマシだろうと思っています。

彼なりの優しさや大きなトラブルのようになるのを避けたいといった気持ちから、別れる理由を言うのを避けているわけです。

あっさり別れたいから

例えば彼が「束縛が激しいから別れたい」と言ったら、あなたは「なら束縛やめるから別れないで」と言いたくなりませんか?多くの人は、別れの理由がわかれば「それを改善するから考え直して欲しいと」言って説得するはずです。実際にそう言って説得した経験がある人も多いでしょう。

この説得を嫌がって、ハッキリと理由を言わない人もいるんです。
理由を言わなければ改善のしようがありませんから、押し切ってそのままあっさり別れることができます。

彼の中では別れの決心がついているので、下手に粘られるのは嫌だという心理があります。
特に自分が甘いという自覚がある男性は、彼女が改善するからと言ったら別れることができないと予想がつきます。

「それではお互いのためにならない」「グダグダするだけだ」という思いから、心を鬼にして理由も言わずにあっさり別れようとしています。
とにかくスパッと別れたいというのが彼の本音です。

罪悪感があるから

「浮気相手と付き合いたいから」とか「散々尽くしてくれたけど女性として興味がなくなったから」など、理由に罪悪感があって言えないというパターンです。
自分にも悪い要素があるとわかっているので、理由を言うのに抵抗があるわけです。

誰だって自分が悪者にはなるのは避けたいはずです。
自分が悪者になるシチュエーション自体嫌でしょうし、周りに言いふらされたり、彼女に罵倒されたりすることを考えると、とても理由を話そうという気にはならないでしょう。

曖昧なことを言ってとにかく別れようとするのも納得ですよね。特にあまり責任感がないタイプや逃げ癖がある男性は、罪悪感があって悪者にされるのを避けるために理由を言わずに別れようとします。
ひどい場合は別れ話もせずにフェードアウトする人もいるくらいです。

何と言っていいかわからないから

彼女に別れの理由を聞かれても、自分自身何と言っていいかわからないから理由を言わないこともあります。

  • 直接的な別れの原因があるわけではない
  • 好きでなくなったのは確かでも理由と言われると困る
  • 自分の気持ちを言葉にするのが苦手

など、彼が自分の気持ちをうまく説明できないとか、何となく別れたくなったということがあり得るのです。

振られた方としては「必ず振られた理由があるはずだ、わからないのは嫌だ」と思ってしまいます。
確かに何かしらの理由はあるでしょうが、それを彼がわかっているとは限らないのです。

私たちは、自分の気持ちを全て理解しているわけではありません。
また、自分の気持ちを説明する能力には個人差があります。必ずしも彼が意図的に理由を隠しているわけではないということを頭に入れておきましょう。

下手に彼を責めてしまうと、彼は本気でウンザリしてしまいます。
別れたときの印象が悪くなると復縁がかなり難しくなってしまうので気をつけてください。

彼の本心を知る方法は

彼に直接聞いて理由を教えてもらえるならいいのですが、何回聞いても教えてもらえないこともあります。
あまりにもしつこく聞くと印象は悪くなりますし、彼自身理由がわからないパターンもあることを考えると、直接何度も聞くのは避けた方がいいです。

また、自分が聞いて駄目なら友達に聞いてもらうという方法もありますが、こちらが友達にお願いしたことがバレると大きなトラブルになるリスクがあるので、できればやらない方がいいでしょう。
最終手段という感じがします。他にいい方法があるならそちらを取るべきです。

そこでおすすめなのが

「過去の彼の変化」

「別れた後の彼の様子」

の2点をチェックすることです。
たったこれだけで彼の本心にかなり近づくことができます。どういうことなのか、以下で解説していきます。

過去の彼の変化をチェック

彼が別れ話をする前に、変化がなかったかチェックする方法です。
多くの場合、別れる前に何かしらのサインがあるものです。

  • LINEの返信が遅くなった
  • デートの誘いがなくなった
  • 「会おう」と言っても断るようになった
  • 電話を避けるようになった
  • デート中でもスマホを見るようになった

などがわかりやすい例です。
彼の行動にこのような変化がなかったか考えてみてください。

これらの行動に当てはまるなら、彼はマンネリなどの理由であなたへの興味を失ったか、他に好きな人ができて別れたのだと考えられます。

特にあなたとの時間を減らすだけではなく、制限することがあったら他に好きな人ができて別れたと思っていいでしょう。
例えば金曜の夜しか会わなくなった、LINEが来る時間が夜9時までになったなどです。

別れる前から他の子と連絡を取っていた可能性が高いです。
LINEの履歴を見返したり、少し前の行動を思い出してチェックしてみてください。

また

  • 文句を言う
  • 「自分はこうしたい」「君にはこうして欲しい」と言う
  • なぜか不機嫌になる

といったことが増えた時期があったなら、彼はあなたの言動に不満があって別れたと判断していいでしょう。
大きな喧嘩がなくても、彼の中にはかなりの鬱憤が溜まっています。

「自分の気持ちを理解してもらえない」または「もう言っても無駄だ」と思って別れを決断したわけです。

例えば一時期彼がいろいろ言ってくる時期があったけれども、しばらくして収まったからうまくいっていると思っていたということはありませんか?これはうまくいっていたのではなく、彼が諦めただけです。
その時期から別れを考えていたと思っていいでしょう。

なお、特別彼の行動に変化がなかった場合は、彼自身理由がわからず振った可能性が高いです。
なぜか飽きた、何となく好きでなくなったといった理由で別れたくなったのだと考えられます。

別れた後の彼の様子をチェック

別れた後の彼の様子をチェックすることでも、振られた理由がわかります。
彼自身だけではなく、SNSも含めてチェックするといいでしょう。

例えば別れてすぐにSNSに別の女性との写真を載せるとか、匂わせのような投稿があるなら、好きな子ができて別れたのだと推測できます。
特定の女性と遊んでいる様子がなくても、彼が以前よりもいろんな人と交流して遊んでいるように見えるなら「自由になりたかった」「束縛にウンザリしていた」ことが別れの理由だと思っていいでしょう。

また、彼がLINE、その他SNS全てブロックして完全に繋がりを断った場合は、よほどあなたへの好感度が低く、とにかく縁を切りたいくらい不満が溜まっていたことがわかります。
別れた直後は自分がやりたいことをやるでしょうから、彼の行動から心理がわかるのです。

あなたと付き合っているときにできなかったことをやる可能性が高く、そこから彼の気持ちを推測して別れの理由を特定できるというわけです。
なお、ブロックされず彼の様子も何も変わらないという場合は、直接的な別れの理由はないと思っていいでしょう。何となく別れたというパターンです。

彼が別れてからどんな様子なのかよく観察して、本心を探りましょう。

振られた理由がわからないと復縁は難しい

男性は別れの理由を言わないことが多々あります。
そのようなときに「どうせ浮気だ」「やましいことがあったんでしょ」と決めつけず、自分なりに彼の本心を考えるようにしてください。

過去の彼の行動で大きな変化はなかったか、別れた後の彼の様子はどうかチェックしてみて、自分なりに理由を特定してみてください。
何となく別れてそうだと思った場合も「ではどうしたらマンネリを避けられたのか」、「何かいい手はなかったのか」と考え、生かすのが大事です。

振られた理由がわからない状態では、復縁はとても難しいです。改善しづらく、自分の変化をアピールしにくいためです。
今回の内容から自分なりに振られた理由を考えてみて、復縁に向けてどうすればいいのか考えを進めていってください。復縁しない方も、次の恋愛のために振られた理由を考えてみましょう。

2020年9月14日復縁コラム